関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

30日で婚活が好転する超実践メソッド(29歳女性の声)

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

婚活がうまくいっていないアラサー女性には必ず原因があります。

その原因を改善しないまま、婚活を続けても歳ばかり取り、取り返しのつかない状況になります。
残念ながら、そのようなアラサー女性は非常に多いです。
あなたはいつまで、今のままで婚活を続けますか?

婚活疲れ、婚活うつなどという言葉も一般化されつつあります。
人格や人間性を否定されているようで、誰からも求められていない孤独感に苛まれていませんか?

あなたの婚活上の問題点を特定し、改善策を実践すれば30日であなたの婚活は好転します。
婚活悪循環を断ち切り、ブライダルサロン東京はあなたの婚活を好循環に変えれます。

29歳体験者P美さんの感想になります。

ご一読下さい。

❤️29歳女性P美

ブライダルサロン東京入会後、1ヶ月が経過して変化したこと

〜入会前〜

活動状況

  • 交際経験なし。
  • 結婚相談所未経験のまま、婚活パーティーへ月数回参加。
  • 数分の会話で感じた話しやすさ、雰囲気、容姿など、表面的な要素でお相手を選ぶ。

活動結果

婚活パーティーでマッチング出来ても、その後のデートで上手くいかず、交際に発展しない。

  • 男心が分からないので、相手が何を考えているのか分からない。
  • 相手に気に入ってもらいたくて、遠慮したり、とことん相手の意見に合わせる。
  • デートで会話が弾まない。沈黙などで焦って、喋りすぎたり、女芸人のような対応。
  • 男性を意識しない服装や髪型。
  • LINEのやり取りも、どこまで踏み込んでいいか分からず、遠慮から必要最小限になる。

相手のLINEの反応から、相手の気持ちを読み取ることができない。
返事が放置されても、きっと忙しいからだと思っていた。
 ↓
デート後連絡が減り、自然消滅
 ↓
何がダメだったのか分からないので、分析も改善もしないまま、相手を求め、再び婚活パーティーへ参加。
 ↓
悪循環続く。

所感

「上手くいかないのは、自分に合う相手ではなかったから。(ご縁がなかっただけ)きっといつか相思相愛になれる人と出会えるはず!」と自分に言い聞かせていた。
けれど、数打ち当たれど、上手くいかず、どんどん落ち込む。
自分に原因があることを自覚せざるを得なくなったが、その答えが分からず、相談相手もおらず、自分は結婚できない人間だと悩む。

幸せな結婚に対するイメージ

自分が好きになった人と結婚し、相手に合わせ尽くすことこそが、幸せな結婚。
(自分が惚れた相手に振り向いてもらって結婚できれば幸せと考えていた。)

〜入会後〜

活動状況

私は婚活以前に、人間としての土台がなかったため、人間力を養う活動=人間活動を行なった。(もちろん、今も発展途上のため、人間活動中)

・山田さんからのご指導
入会前は分からなかった、お相手に選ばれない理由を男性目線で教えてもらえることで、多くの気付きと納得が得られ、訳もわからず、自分はダメな人間と落ち込まずに済むようになった。

また、経験値がないから上手くいかないのは当然で落ち込む必要はなく、何度も失敗しながら経験値を積むことが大事と教わり、失敗しても、その失敗に対する改善策や正しい努力の仕方を教えてもらえるので、失敗は怖くなく、逆に変われるチャンスだと思えるようになり、前向きに活動できるようになった。

そして、分からないことを何でも相談できる山田さんがいてくださることで、以前は孤独だった婚活が、孤独ではなくなった。

先輩会員様との出会い

成婚者(P子)様との面談の機会を設けたいただき、活動期間から成婚までの過程や、その時身を以て感じたことのアドバイス、現在の穏やかな結婚生活のご様子に至るまでお話を伺う事ができた。

以前は私と同じように結婚できないと悩んでいた成婚者様(O子夫妻、V子)から、ブライダルサロン東京で正しい努力をしたからこそ成婚できたという実体験を聞くことで、結婚できないと思っていた私でも、成婚までのイメージを膨らませる事ができた。

20代 お見合い

また、現在活動中の先輩方からは、具体的な活動方法や、お見合いのお作法等を教わった。
また、活動開始後に悩みが出てきた際に、LINEや電話さらには直接会って相談に乗ってくださり、同じ境遇だからこそのアドバイスや解決策を教えてくださったので、婚活の悩みを一人で抱え込まなくてよくなった。

課題

婚活をする上での心構えや、婚活に限らず、人と接する上での大切な気くばり、会話・コミュニケーション力等を学ぶための本を読んだり、結婚した女性の人生(結婚生活におけるいい時も悪い時も描いてある)や男性が惚れてしまう女性像、男性心を解説するようなシーンが詰まったドラマ(できしなサバイバルウェディング)を観て、自分に欠けている女性像について研究した。
また、上品に滑らかに話せるよう、話し方スクールにも通った。

活動結果(1ヶ月目)

人間活動で学んだことを必死に表現できるよう心掛けながら、1ヶ月で13名の方とお見合いし、その後お互い交際希望になった方とデートをした。

お見合いでの気づき

人間活動において、どんなお相手でも、興味を持ち、真摯な態度で臨むことを教わっていたため、お見合い前には課題図書をもとにお相手への気配りノートを作成して相手の情報を予習し、お見合い時は全力で傾聴、おもてなしすることに必死であった。

そのため、逆に、私に対する気持ちがないお相手とのお見合いでは、こちらに興味がないことを察する事が出来た。(そうさせてはいけないのだが、上手くいかずお断りさせることもあった。)

その際、以前の私も同様に、婚活パーティーで出会った人や、日常で出会った人に対して興味を持とうともしないで、大切なものを見過ごしていたのだと、改めて気づかされた。

それと同時に、もしその事に気づけていたとしても、人間活動をしない以前の私では、その良い心を持った男性から愛されて結婚することは、到底無理だったと気づいた。

デートでの気付き

お見合い後に、交際希望を頂けた方とデートをした際、お相手に惚れてもらえている体験をし、お相手に惚れられると、こちらも余裕をもって対応できることを実感し驚く。

逆に、惚れられていない方や、女性慣れしている方ともデートすると、自分にそのお相手に対応できるだけの人間力がなく、お相手のペースに合わせざるを得なくなり、その時は対応するのがしんどいと感じ、この感覚に驚いた!!!

以前の私であれば、相手より自分の気持ちが勝っていて、相手のペースに合わせる状態に幸せすら感じていたと思うが、今では、私に興味がなく、大切に考えてくれていないから、そのような態度になるのだと分かるようになった。

それと同時に、山田さんが仰られていた様に、徐々に相手を好きになる事が多い女性とは違い、男性の心は会った瞬間に決まってしまうため、圧倒的な人間力を身につけ、会った瞬間にお相手を惚れさせておかなければならないことを実感した。

所感

入会前の「上手くいかないのは、相手が自分に合う人ではなかったから(ご縁がなかった)」という考えが、大間違いで、上手くいかないのは、相手にされるだけの人間力が自分には欠けている、ただそれだけであることに気づけた。

そして、以前のままの状態で婚活をいくら続けても、無意味であったこと、逆に、現在は山田さんや先輩方のもとで正しい努力をしているので、結婚は夢でないと思えるようになれた。

幸せな結婚に対するイメージの変化

幸せな結婚に対するイメージが変わっていった。

以前は、自分が好きになった相手に合わせ、相手に寄り添っていく人生こそが幸せと思っていたが、山田さんや、実際に結婚相談所で幸せな結婚をされた同年代の先輩方と出会い、お話を伺うことで、長い結婚生活においては、寄り添ってくれて、話し合う姿勢を持ってくれて、そして何より、自分を大切にしてくれていると実感できるお相手と生きていくことが、心の安定だったり、幸せに繋がるのだと思うようになり、そのような結婚をしたいと思うようになった。

P美

2ヶ月後の声…