関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

そんな活動に虚しさを感じ、長期休会を挟みながらズルズルと何年も在籍していました💖(東海在住35歳成婚レポート)

オーネットは休会ばかりだった…

結婚相談所に入会し、登録しているだけでは結婚できません。
あなたの何が原因で、改善策を明確にし、実践していく事が婚活には大事です。
それが出来ない環境で、また、それに気づいているにも関わらず、月日だけが過ぎていく…
そんなアラサー婚活女性が日本中にはたくさんおります。

結婚したいにも関わらず、結婚できないと悩み苦しみ、もがいているアラサー女性の力になれます。 ブライダルサロン東京の環境成婚メソッドで悩む事なく、迷う事なく、一直線で成婚(結婚、入籍)に導きます。

記憶が曖昧になるくらい結婚相談所や婚活パーティーを長年にわたり繰り返していた東海在住35歳婚活迷走女性(U美さん)の成婚レポートです。
ご一読下さい。

💖東海在住35歳成婚者(U美)

お世話になっております。
この度は成婚に導いていただき、ありがとうございました。

活動を振り返り、成婚レポートをまとめました。
ありがたいことに、山田さんのもとでの活動は短期間となりましたが、ここまでの道のりはとても長かったです。

現在36歳ですが、婚活を意識し始めたのは20代も後半でした。

もともと男性が苦手で関わることを避けてきましたが、きっかけは親が病気になったことでした。
職場は女性ばかりで男性との接点もなく、自ら出会いの機会を求めることもない私が自然に結婚出来るわけがなく… という事はこのままでは親孝行も出来ないのでは⁉️
という現実に、その時ようやく気付きました。

記憶も曖昧ですが、当時は婚活という言葉が浸透し始めた頃だったと思います。
情報も少ないので勝手が分からず、個人含めいくつかの結婚相談所を少しずつ体験したと思います。

その後、大手一社の結婚相談所(オーネット)に絞りましたが、申し込みをしてもお断りが続いたり、お話掲示板上のやり取りから次へ進まずメル友化するなど、会う機会さえなかなか作れませんでした。

担当さんは「大丈夫だよ~、まずは申し込みをしていかないと。3ヶ月で結婚までいった子もいるから」と慰めてくれましたが、現状は変わりませんでした。

そんなオーネットの活動に虚しさを感じ、長期休会を挟みながらズルズルと何年も在籍していました。

この頃になると、オーネットでは出会うことが難しい、と婚活パーティーに参加するようになります。
しかし、自己申告の自己紹介は信頼性に欠ける為、やはり結婚相談所のシステムは有り難いなぁと思っていました。

ただ、現状の結婚相談所での活動には限界を感じており、「35歳迄にはイイ方と出会いたい!」との思いから、再び結婚相談所を巡りIBJ他社に移籍したのが、34歳の初秋でした。
ここの担当さんからは、申し込みは増えるし、会えるからと言われていましたが、申し込みは特段増えることもなく、40~50代の方が多く、希望から遠い方ばかりでした。

山田さんと出会って知ることになりますが、その頃はまだ選んでもらう身であることに気付いていなかった為、自らご縁を切ってしまうこともありました。
また、システムをよく理解しておらず、「仮交際=(結婚を考える)相手」と重く考えていたのも失敗の一つだったと思います。

そんな感じの活動だったので、マッチングすることもなく、お見合いしたのは数回程度でした。
結局、ここでも会えないことが続き、結婚相談所に入っていても出会いがないって……どういうこと?とにかくまず会えないと意味がない!と強く思うようになりました。

お金は勿体なかったですが、思い切って退会し、活動の中心は婚活パーティー1択になりました。
そこでは、年齢層別で婚活パーティーを選択出来るため、同世代との出会いが増えました。

今までのお見合い経験のお陰なのか、婚活パーティー後の連絡先交換も増え、お食事まで繋げられるようになっていました。
しかし、毎回同じ業種の方との出会い(参加業種に偏りあり)、自己申告の自己紹介もどこまで真実なのか引っ掛かっていました。

婚活パーティーの形式上、結婚を意識した方が参加していると思っていたのですが、そんな方ばかりでもありませんでした。
口では「結婚を前提に」と言っていても、行動が伴わない方など真剣度もバラバラでした。
自分と同じく結婚を考えて参加している方と出会うには、この方法では時間ばかり過ぎてしまう、と思い始めた頃に山田さんのブログに出会いました。

山田さんの単発婚活相談(名古屋)に参加したのが2018年の7月でした。
会員へのフォローが明らかに他の結婚相談所と異なるのが分かりました。

一人一人に対しての細やかなフォロー、アドバイス、会員同士の繋がり、相談出来る場の提供、何より自分自身がどのように変わるとよいのかといった人間性にまで踏み込んだサポート。

自分自身、変わる必要があるのは分かっていましたが、この迷走状態の自分の中に答えがあるはずありません。
このままでは2018年も無駄に時間ばかり過ぎてしまうと思い、山田さんのもとでの活動を決意しました。

単発婚活相談では厳しいことを言われましたが、事実ですし、それを変える機会(フォローあり)が得られるのは、とてもありがたいことだと思いました。
また、ただ結婚するのではなく『愛され婚』、そしてその後の結婚生活を見据えて活動する事が、私には新しい考え方でした。

その日は急遽、東海の皆さんとの食事会にも参加させて頂き、実際のお話を伺えました。
今後の活動イメージが出来、また一人じゃないという安心感が得られたのも良かったです。

ということで、8月上旬に東京でお見合い写真撮影、プロフィール作成、C美さんとお話しする機会を作って頂き、活動開始となりました。

パートナーエージェント 乗り換え

私のブライダルサロン東京での活動ですが、

他の成婚された先輩方のようにお見合い・デートのスケジュールがいっぱいになる状態とは異なるため、私が体験した成婚までの流れをまとめたいと思います。

2018年8月上旬に入会手続き、活動開始となり、IBJ他社に比べてお申し込みは増えました。
しかし、私の年齢的にもお申し込みは40代が中心で、同世代からは少なかった印象です。
ここでの現実(自分の立ち位置)が分かったところで、40代前半まで範囲を広げて申し込みをしていました。

ただ、私が同世代に申し込んだ際の成立数は以前より増えたので、確実に同世代の男性と会える機会は増えたと思います。
なので、山田さんプロデュースのお見合い写真とプロフィールの効果は大きいと思いました。

お陰さまで、一日一組でしたが8月中に数回お見合いを組むことが出来 ました。
その中には、年齢の範囲を広げて申し込みをした夫(41歳)とのお見合いもありました。

お見合い前には、お相手のプロフィールを何度も確認しメモをとり、興味を持っていることが伝わるように、お相手の話を広げるように努めました。
また、パステルカラーの洋服を着る、飲み物をお相手と合わせる、デートの時に手作りのお菓子を用意する、こうした事は今までのお見合いやデートでは実践したことがなかったので、精神面を変えるには時間を要しますが、すぐ取り入れられることは早速実践していきました。

手作りのお菓子はどの方も喜んで下さり、その効果には驚きました。
お見合い後、仮交際の同時進行は3~4名でした。

LINEのやり取りには、その方々の勤務形態やペースがあるので合わせるようにしました。
お天気や気候の話題が続く方には、話の流れで季節のお菓子や食べ物の話題を振り、少しでもお相手のことを知れるようにしました。
その中で、夫のみ毎日LINEが続いていました。

ただ、私はお見合い時点で夫に対して、誠実で素敵な人だな、という好印象を抱いたので、山田さんから迎合しないよう度々注意を受けました。
最初、自分では何がどうなると迎合しているのかが分からず、山田さんにLINEの相談をお願いしていました。

相手に合わせます!というオーラが強い内容から、淡々と用件を伝える、確認する内容へ変更する事ができました。
これは、自分の頭で考えていては答えが出ないので、他の結婚相談所にはない細かなサポートで本当にありがたいと思いました。

迎合になるかな?と思いながらも、私なりに続けていたことがあります。
私は、話すタイミングをみ過ぎて逃してしまい、結局伝えられずにその日が終わる、という事が普段でもあります。
なので、毎回メッセージを付箋に書いて渡す事にしていました。
メッセージだけでは…という事で、手作りのお菓子や時には、地元を知ってもらうキッカケにと地元のお菓子を一緒に渡していました。
マラソン大会に参加すると聞いた時は、絆創膏や手指消毒剤、ウェットティッシュ、携行食品など小さくまとめた物を準備して渡しました。

ただ、闇雲に毎回何かを渡すのではなく、話題になったことと関連がある時や時期をみるようにはしていました。
その付箋は今もとってあるそうです。
引っ越し前に、机の引き出しに(乱雑でしたが)入っているのを見ました。

仮交際中から、夫の穏やかで誠実、真面目という印象は変わらず、特に気になる点も見当たらなかったですが、私に対してどう思っているのか言葉にはしない方なので分かりづらかったです。
10月の遠出には某テーマパークを提案してくれたので、気持ちは向いてるかなと思いながらも確信はなく、本人の言葉を待っていました。

この日初めて一日という長時間を一緒に過ごしましたが、沈黙が気になることもトラブルもなく過ごすことが出来たので、一緒に居て疲れないというのは大事なことだと思いました。
その後も会う機会はありましたが、なかなか言葉にして貰えず、山田さんからも「お相手を信じるのみ」と励まされ、ただただ日々のやり取りから信じるばかりでした。
同月半ば、デート中に夫から「出会って2ヶ月になるね」という発言があるも話が展開せず、その場は終了。

帰る時間になり、私からキッカケを作ると、ようやく言葉にしてくれました。
いつ言おうかタイミングを計っていたけど、なかなか言えなかったと話していたので、信じて待つしかない時もあるのだと思いました。

この時、夫から結婚の話題が出ました。
いつまでに結婚したいかを聞かれたので、誕生日までには入籍をしたいこと、年齢的に高齢出産になるため早い方がいいと思っていると正直な気持ちを話しました。
とてもありがたいことに、それに同意してくれたので、夫にも結婚の意志があると確認出来ました。

本来なら、真剣交際から本格的に確認作業をし、結婚相手としてどうか考えると思いますが、私の場合は既にお互いの結婚の意志を確認していたので、真剣交際からは結婚に向けての活動になりました。
その際には、改めて結婚に向けて話を進めても大丈夫か確認しました。

自身の親への連絡を済ませた後は、両家へのご挨拶、顔合わせの日程調整をしていき、12月成婚退会、年が明けて無事入籍となりました。
ここまでの道のりは長く途方もなかったですが、山田さんと出会い、結婚が現実的になりました。
愛され婚』という考え方、衝撃的でした。
自分もそうなりたいと思い、今それが叶いました。

それもこれも何でも相談できる環境、グループLINEなど山田さんの手厚いサポートのお陰だと思っています。
以前のまま活動を続けていたら、今の幸せは掴めなかったと思います。

本当にありがとうございました。
最後に、私の体験談なので参考にならないと思いますが、どなたかの励みになれば幸いです。

U美

結婚したいにも関わらず、結婚できないと悩み苦しみ、もがいているアラサー女性が結婚できる環境がございます。

あなたの婚活が好転するきっかけになれたらと思っております。