関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

⑧あなたが変わるまで、わたしはあきらめない❤️(33歳成婚レポート)成婚退会から入籍まで

このブログは大手結婚相談所、他のIBJ加盟の結婚相談所を2社利用したけど成婚することができなかったG子さん(33歳)の成婚までのお話です。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

プロポーズをしてもらうことができれば成婚退会にはなります。

実際に成婚するとホッとしてしまうことがあるのですが、成婚退会=結婚(入籍)ではありません。

G子さんはどのように成婚退会から入籍までの日々を過ごしたのでしょうか。

G子さん成婚レポート第8話です。

💖33歳成婚者(G子)

第8話:成婚退会から入籍まで/全10話

結婚相談所に入って、成婚退会したらゴールと思っていたが、そう簡単なものではないようだ。
この点については山田さんからも「入籍するまで気を抜かないように」とアドバイスされていたので、実際にプロポーズをしてもらい成婚退会しても、まだまだ安心はできないという危機感があった。

成婚退会してからお互いの両親に会いに行き、顔合わせをし、入籍をし、家をどこにする?結婚式をどうする?みたいなことを決めていかなければならない。
これもまたコミュニケーション能力が試されるところだ。



もちろんコミュニケーション能力が高ければ自分のやりたいように、したいように持っていき簡単にこなせることも多いと思う。
ただ、コミュニケーション能力が低いままの状態だとここからも苦労する。
この乗り越えるのに苦労しそうなタイミングで、山田さんがIBJの二ツ矢さんを紹介してくれた。

そして、IBJのセミナーを受講させてもらった。
お相手のご両親に挨拶に行く前に、その注意点についてとても細かく教えてもらった。 また、少しでも気になることがあればセミナー後もその疑問に答えてもらった。
何も考えずに、今までのダメな状態の自分のまま挨拶に行ってしまっていたら、お相手のご家族にあまり良くない印象を与えてしまっていたように思う。
本当に良いタミングでセミナーを受講させてもらえて良かったと思った。

成婚退会後にすべきことは全てが初めての事だし、2人で決めて行かなくてはいけないことがたくさんある。
もちろんお金のかかる事もたくさんある。
これらに対して対応していく事は、もともとコミュニケーション能力が高くない2人だと大変だ。

成婚退会後、「一体これから結婚に向けて何をすれば良いのかな?」という話が2人の間で出てきたところで、これまたタイミング良く相談に行くことを山田さんから勧めてもらえて良かったと思う。 もちろん、インターネットで調べれば色んな情報は入手できる。

しかし、やはりここもサポートしてくれる人がいると結婚という初めての事に向けて迷いなく進めることができてとても安心だ。
疑問に思った事一つ一つに「こうした方がいいですよ。」とアドバイスをもらい、状況をよく見て二ツ矢さんに相談に乗ってもらった。

特に良かったことは2人の将来のライフプラン作りをしたことだ。
「こういう将来像にしたいな。」というところのすり合わせを間に入ってもらうことで、2人でイメージの共有をすることができたのは良かったと思う。
ただ、「実際に自分の歳になって子供が欲しいと思ったらゆっくりのんびりしていられないのだな」とも思った。

山田さんも「早くしないと」といつも言ってくれていたが、本当にその意味がわかったのはこの成婚退会した後だ。
結婚が1年、2年遅くなるにつれて「自分が思い描く人生設計が苦しくなるな。」と将来像を作りながら思った。
そういった意味でも今すぐ結婚したいと思い、同じような将来像を共有してくれる相手と出会えて良かったと思った。

毎週のように顔合わせ、指輪、結婚式のことなどを間に入って相談にのってもらうことで、彼との絆も少しずつ強くなってきたことを感じた。

お見合いからスタートしたお付き合いだと、どんなに毎週会って頻繁にLINEでやり取りをしていたとしても、まだまだ相手の価値観、相手の家族のことなどわからないことだらけだ。
そこでちょっとした行き違いなどあると、「本当にこのまま結婚しても大丈夫なのか」とお互いに不安になってしまうこともあるのかなと思う。

特に上手にコミュニケーションがとれないと、成婚退会後に上手くいかないリスクは上がっていくだろう。
だからこそ成婚退会後もしっかりとフォローしてもらうことで、お互いの考えの違いをすり合わせすることができ、迷いなく入籍まで進めることができるように思う。
順調に進めていくことが出来たのも二ツ矢さんのお人柄によるところも多いにあるので、本当に素敵な方とここでもお会いできたことに感謝している。

二ツ矢さんは一歩一歩2人が結婚に向けて進むたびにとても喜んで下さった。
そして今ではすっかり彼も二ツ矢さんからのメールを心待ちにしている。
そして山田さんや二ツ矢の必死のフォローと私の意見をなるべく尊重しようと思ってくれる彼のお陰で、ほとんどの事が自分の希望通りに結婚までの物事が進む中で無事に入籍することができた。

入籍した日。
もちろん結婚できた喜びもあったが、「やっと長かった婚活が終わった。」という安心感でいっぱいになった。
「入籍がゴールではない。」と山田さんにも常々言われてきた。

ここからがむしろ結婚生活のスタートであることは間違いない。
ただ、結婚するまでに長い事時間がかかったからこそ、相手への感謝の気持ちもあるし、心にとても余裕が出来たように思う。
そして、結婚できない自分から結婚できる自分に変われた事から、前よりも自分に自信がもてるようにもなった。
本当に諦めずにやり続けて良かったと思う。