関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

今までの思い込みを手放す事が成婚の鍵関西在住30歳成婚レポート

💖大阪在住30歳成婚者P子様

ブライダルサロン東京での活動を振り返ってみて、今までの思い込みを手放す事が大切だったのかなと思いました。
ある程度、(モテない脳・モテないマインド)で恋愛経験を重ねてきたので「私が好きなタイプはこんな人」という風に思いこんでいました。

それで、今まで出会っていた「いい人」をタイプじゃないと切り捨て「いい人に出会えない」と婚活が迷走していたのだと思います。
婚約者は今までの自分であれば選ばないタイプの男性です。

山田さんの元で活動したからこそ、彼の素晴らしさに気付き婚約に至りました。
今まで思い込んでいた「私の好きなタイプの人」は本当に私を幸せにしてくれるのか考えたら、私の場合は結局違いました。

「私の好きなタイプの人」に出会えれば幸せになれると信じ込んでいたけど、そうじゃなかったんですね。
自分の考え方やマインドを変化させる、自分の心を開いて相手を受け入れることが大切だと、活動の中で山田さんに教えていただきました。

また、真剣交際になった際の感想にも記載しましたが、私の迷言「自分と同程度以上の人」が婚活を迷走させていました。
今までそれなりに頑張って「それなりに良い大学」を卒業、「それなりに良い会社」に入社して頑張ってきたつもりでした。

だから、それを認めて欲しいし、同じ様に頑張ってきた人と結婚したいと思っていました。

婚活迷走期に出会った男性で

自分より低学歴低収入の人にとっては「自分には荷が重い・自分には勿体無い」といった事を言われ、かと言って高学歴高収入の男性には「良い人だけど・・・」とお断りされてきました。

今、振返ると自分のスペックだけで「家庭的でない」「気が強そう」「馬鹿にされそう」というイメージを勝手に持たれてしまう中途半端な人間だったと気づきました。
山田さんに「お前から学歴と会社名を取ったら何が残るの?」と何度も言われ、へこんだ事は何度あったか数えきれません。

でも、だからこそお見合いというのは恋愛と違ってスペックつまり「条件」が鍵となるわけであって、お見合いを成功させるためには「結婚したい男性が求める女性のイメージ」に近づく事が最も重要だったんですね。

そんな「結婚したい男性が求める女性のイメージ」に近づくための服装ですが、最初は今までの自分とは180度違う服装であり、非常に抵抗がありました。
今まではDomaniが大好きでセンタープレスのパンツ、タイトスカートだったのにノーブランド・パステルカラー・ひらひらスカート…お見合いでの外出が本当に辛かったです。笑

「結婚は女性とするんじゃない。男性とする。」 「自己主張強い服装じゃ会ってすらもらえない。」 「あなた色に染まりますというアピールが大切。」 という山田さんからの指導のもと改善したところ、婚活服で外を歩くと必ずナンパされるようになり男性目線の大切さを再認識しました。

今までは、高いお金を支払って男性を遠ざける服装をしていたのですね。
また、持ち物までチェックが入って「ブランド物はNG」、【「自分」をプロデュースするのにブランドは必要ない。素の自分で勝負することが大切。】という山田さんのアドバイスのもと変更しました。
今までは「周囲がブランド物を持っているので、自分もそうしなきゃ。そろそろ大人やしノーブランドは恥ずかしい。」と思っていましたが、それが逆に「私はお金かかる女です。」とマイナスなアピールをしていたのですね。

メイクについても今まではシャープさを求めていましたが、今ではたれ目っぽいメイクになるように心がけるようになり婚活にシャープさはいらない、守ってあげたくなる女性になる事が大切と学びました。

実をいうと、8月入会時点で山田さんが「私が上手くいったら大阪進出する。」

と仰ったときには「結婚相談所4件目の婚活問題児やし無理やろ。半年〜1年はかかるな。」と思っていました。
でも、まさか本当に3週間で真剣交際になり、出会って1か月でお互いの両親に紹介、1か月半でプロポーズされるとは思ってもいませんでした。

そして、本当に関西でのサポートも本格的に開始される事となり本当に嬉しいです。
今月末で退会する事になりました。

今までは、自分で嫌になって結婚相談所を退会していたのに…。
退会するのが寂しいと思った結婚相談所は初めてです。笑

入会前の相談時に「男性目線の婚活塾で愛される女性になる」、「結婚した後も旦那さまに愛される女性になれる」と感じたのは本当に間違いじゃありませんでした。
短い期間でしたが、様々な事を学ばせていただいて、本当に厳しくも楽しい活動をさせていただきました。
本当にありがとうございます。