ホームページをリニューアル致しました

⑨あなたが変わるまで、わたしはあきらめない❤️(33歳成婚レポート)2年間の婚活を終えて思うことPart1

このブログは大手結婚相談所、他のIBJ加盟の結婚相談所を2社利用したけど成婚することができなかったG子さん(33歳)の成婚までのお話です。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

お見合いを続けていれば、婚活を続けていれば「いつか出会える」と信じて婚活をしても結果が伴わず疲弊していく婚活女性は多いです。

G子さんも、『 一向に出会える気配のない時(お見合いでは会えるけど、お断りされ続けていた時)には、「いつかっていつだ?」と思っていた。 』と仰っていました。

この疲弊した気持ちから、清々しいスッキリした気持ちで成婚退会後に無事入籍されたG子さんが心境をお話しています。

G子さん成婚レポート第9話です。

💖33歳成婚者(G子)

第9話:2年間の婚活を終えて思うことPart1/全10話

「決まる時はトントンと決まるのよ。」移籍する前にいたるところで言われた。
今となってはこの言葉は間違いだと断言できる。
正しく解釈すると、結婚する準備ができている人が、同じく結婚する準備ができている人と巡り会えた時にだけ、「決まる時は決まる」のである。

結婚する準備ができていなかったかつての自分がどんなに出会いだけ重ねても、永久に決まらなかったと思う。
ブライダルサロン東京に移籍していなかったら未だにお見合いを繰り返し迷走し、おそらく婚活自体を放棄してしまって仕事に生きていく覚悟をしていたかもしれないと思うと恐ろしい。。。 「いつか出会えるからとにかく会わないと」こうも言われた。

一向に出会える気配のない時(お見合いでは会えるけど、お断りされ続けていた時)には、「いつかっていつだ?」と思っていた。
自分が変わらなければそのいつかは来なかっただろう。
ただ会い続けてもダメな自分のままだと決して出会えない。

また、旦那さんにいい人を見つける目がなければたとえ出会えていたとしても通り過ぎてしまうだろう。
ダメな自分のままだったらいつか出会えるわけなんてないのである。
「ご縁だから」、「ご縁がありませんでした」これも婚活している方は良く言われているのではないだろうか。
毎回お見合いを断られるたびに言われるこの言葉が嫌いになった。

ご縁がないのではなく、ご縁は作るものだと思う。
もちろん彼とのご縁も山田さんの素晴らしいサポートと自分の僅かな努力で掴んだものだ。
まさに「手繰り寄せた。」という感じだ。
彼と出会う前のポンコツの自分のままだったら間違いなく結婚まで行かなかったと思う。
おそらくお見合いの時点でお断りされていただろう。

本当に心から人として尊敬できる誠実な彼と出会え、結婚できたことに感謝して、これからの結婚生活を過ごしていきたいと思う。
「理想が高くて面倒な会員」と前の結婚相談所で言われたこともあった。
確かに「理想が高い」と婚活が難航することは間違いない。
寛容な心を持つ人の方が婚活においては幸せだと思う。

ただ、もし納得できる相手と結婚したいと思うのなら、今までの自分を変えてくれる仲人さんのもとで活動することが一番早いと思う。
また、この自分を基準とした理想というものほど厄介なものもないと思う。
特にお見合いの場合は条件から入ってしまうからこその難しい部分もあると思う。

山田さんが良くいう「自分以上がいい」やよく言われる「三高男性がいい」という理想。
私も婚活で条件だけみると自分以上の男性や三高男性にお会いしたし、惚れていただけたこともあった。
ただ、三高の条件や自分以上に当てはまっていたらいいと思えるのかというとそんな事はないはずだ。
逆にこの条件に当てはまっている人でいいと言えるならその方が楽かもしれない。
実際にはプラス爽やかな見た目で、太ってない、誠実で優しくて、スマートで、賢くて、面白くて、家事を手伝ってくれてetc…のような贅沢な理想があるわけである。

山田さんに怒られそうだが、移籍する数ヶ月前に自分の理想とする男性の条件を書き出したノートがある。
実際には移籍してからの活動中は、こんな事も忘れてひたすら練習。練習。と思ってお見合いやデートをしていたので、すっかり見ないままになっていたが、彼との結婚が決まったあとに見直して見てとんでもない理想を掲げていたなと思った。

しかし、結果的にはとんでもない理想を並べていた性格面について、彼はほとんどあてはまっていたように思う。
理想の中でも相手の人間性については納得して結婚した方が良いと個人的には思う。
そして、“旦那さんとして素敵な人”を見つけるのはそう簡単なことではないけれど、決して諦めてはいけないとも思う。

「10歳くらい上の人まで見なさい」の洗脳。
この言葉も移籍する前に良く言われていたが、良くない言葉だと思う。
どこかでこの言葉の固定観念に縛られてしまって本当に自分が結婚したいと思う相手を見失ってしまっていたように思う。
確かに10歳くらい上の人との方が会える確率は上がる。

ただ、この10歳くらい上の人が自分にとってしっくり来るかというと、それは人によりけりだ。
確かに年齢の割に見た目が若い男性もたくさんいると思う。

ただ、この10歳くらい上の人が旦那さんとして素敵な人かどうかは人による。
また、自分が大きく勘違いしていたのが年齢と今すぐ結婚したいと思っているかは比例しないということ。
女性も男性も今すぐ結婚したいと思っているかに年齢は関係ない。
だからこそ、婚活女性は「10歳くらい上の人まで見なさい」という言葉に騙されないで活動して欲しいと思う。

もちろん、「山田さんは婚活する女性の願望で一番難しいことが同年代と結婚すること。」とは言っていたが、「10歳上まで見なさい」なんてアドバイスはしないし、現に山田さんのところで成婚していく女性達のお相手は同年代の男性ばかりだ。
だからこそ、変なアドバイスに騙されているのはもったいないと思う。

これも移籍して良かったことだと思う。
自分以上に不器用で時間がかかる人はそれほどいないと思うので、本当に結婚したいという気持ちを持ち続けて、1年間アドバイスをしっかりもらい、やり続ければ結婚できる。
やり続ける限りは全力で諦めずにフォローしてくれる山田さんと、忙しい中も優しく見守ってくれる成婚者さん、そして一緒に頑張る仲間がいる。