ホームページをリニューアル致しました

頭ではこんな人が良いと理解できても、本当にそうだと心から思えなければ、頭と心が一致しない辛い婚活になります。(29歳女性会員の声)

頭と心が一致しない 恋愛

結婚相談所で婚活を始めると「いい人だけど結婚を決められない」という悩みは多くの婚活女性が抱えています。
このブログは、頭ではわかっているのに心が一致しない29歳女性のお悩みです。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

結婚相談所では恋愛をすることは難しいです。
難しいというより、できないと思ってもらった方がいいと私は考えています。

また恋愛経験がない(少ない)女性ほど恋愛への願望が強くなってしまう傾向にあり、その気持ちのまま婚活を続けても恋愛どころか結婚ができません。

なぜ恋愛も結婚もできないのでしょうか?

結婚相談所の男性の特徴を知らない

結婚相談所の男性は恋愛が苦手です。
9割の男性が恋愛をした経験がないです。
そのため、婚活女性が想像する恋愛できる男性がそもそもいないということになるのです。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

恋愛できる男性はいませんが、結婚できる男性は存在します。
そこはご安心ください!

ですが結婚できる男性とは、「 いい人だけど結婚を決められない 」男性のため今回のテーマでもある【頭と心が一致しません…】ということになってしまい苦しい婚活になってしまうのです。

恋愛経験がない(少ない)婚活女性にとって願望だけは強いので、その願望を叶えてくれる男性を探してしまう活動は、迷走まっしぐらです…

29歳女性会員さんは、頭と心が一致しない悩みを抱えながら、どうやって一致する婚活にしていったのでしょう。

結婚相談所入会前の気持ち

お悩み

頭と心が一致しません…

頭で考えている事と、心で感じていることが重ならず苦しいです。

いい人だけど決められない

優しい人、いい人だけど決められない。
私もそう感じ、前に進めず決められないを繰り返していました。

私は結婚相談所に入会する前は合コン、婚活アプリ、婚活パーティー、友達の紹介で色々なタイプの男性に会いました。
しかし、自分がいいなと思う人と2回目会うことはなく、LINEは既読スルー、もしくは「また機会があればご飯にでも行きましょう」などと社交辞令の返信が来て、その機会が訪れることはなく2度と会うことはありませんでした。

男性らしさはないけど人としていい人

男性らしさはないけど人としていい人だなと思う人もいました。
その人とデートを数回しても、男性として見れず、気持ちが続かないことばかりでした。

自分のことを好いてくれる人の気持ちは分かるのに、自分を振っていった人の気持ちは全然分からない。
振られた理由が分からないから直しようもなく、自分なりに理由を考えるとマイナス思考のループになりました。

私の何がいけないの?見た目?喋り方?スタイル?性格?あの時の発言?…と自信を無くしていきました。

男らしい人じゃないと好きになれない

結局男らしい頼れる人じゃないと好きになれない。
もう辞めよう、お一人様も増えてきたみたいだし、ダメなら一人で生きていこうと考えた時期もありました。

しかし、悲しいことに時間はどんどん過ぎていき、周りの友達は次々と結婚をしていきました。
「このまま結婚しないで本当にいいの?」と自問自答を繰り返し、あぁ…やっぱり結婚したい、独身のまま生きた未来の自分を想像し、恐ろしくなり何かしなければと思い結婚相談所に入ろうと思いました。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

「男性らしさはないけど人としていい人だなと思う人もいました。
その人とデートを数回しても、男性として見れず、気持ちが続かないことばかりでした。」

このように感じる婚活女性はとても多いです。

ですが、頭と心が一致しない婚活を続けていても気持ちは継続しないのです。
つまり好きになれないのです。

結婚相談所入会後の気持ちの変化をお話してくださっています。

どうやって変化していったのでしょう。

結婚相談所入会後の気持ち

気持ちの変化

見た目に自信がない

見た目には人一倍自信が無かった為、少しでも年齢が若いうちに入りたいという焦りがありました。
恋愛結婚していった友人を見て羨ましいと思うこともありました。

でも、私はそれができなかった。
まず、その事実をしっかり受け止めました。

受け止めたからこそ私はここで頑張ろうと思えました。
ここに入会してからは結婚相談所で結婚された方々とお話をし、質問をする機会がたくさんありました。

結婚は生活だから、男らしさ、スマートさは必要ないことを知り、なるほど…こういう所を見れば良いのか…と理解しました。

スマートな男性が良く見える

しかし、実際お見合いやデートをすると男らしい人やスマートな人が良く見えてしまい、また振られる、ドタキャンされる、リスケされる、趣味を優先される、など様々な経験をしました。

学習しないでバカだなぁと笑われても仕方ないですが、様々な経験をして嫌な思いをして本当に良かったなと思います。
そうしないといつまでも目は覚めないし、そんな人を追いかけて辛い思いをしていい人いない…と言いながら歳をとっていったと思うとゾッとします。

頭と心が一致しない辛い婚活

頭ではこんな人が良いと理解できても、本当にそうだと心から思えなければ、頭と心が一致しない辛い婚活になります。
ここでは振られた理由も包み隠さず教えてくれるので、少し落ち込みますが、直せば良いんだ、もしくはそれは直せないから仕方ないな、と思えすぐに前を向けました。

今思えば入会前の私はどんな人が良いのか、何を見るべきなのか全く分かっていませんでした。
優しい人、一緒にいて楽しい人、あとは尊敬できる人だったらいいな…というなんとなくの基準で探していました。

なんとなく違うの繰り返し

結果、お断りされたり、なんとなく違うの繰り返しで決められませんでした。
今だから分かりますが、そんな基準ではいつまでたっても決められません。

そして基準が定まっても、その基準に自分が心から納得しなければ決められないし、ちょっとしたことでブレてしまいます。
私は婚活を始めてから色々な人に会い、たくさん嫌な思いをしました。

そのおかげでお相手のどこを見るべきなのか、何を大切にすべきなのかが分かってきました。
時間はかかりましたが、実際に自分で動いて傷つかなければ納得できませんでした。

スマートな男性と釣り合うために頑張り続けるのは大変

世の中には男らしくて、スマートで、優しくて、誠実な人はいるとは思います。
ただそんな人は、落とせないですし私には釣り合わないと気付きました。

1万歩譲って落とせたとしても自分を良く見せようとめちゃくちゃ頑張って疲れて倒れていたと思います。
結婚は生活なのに、頑張るところを間違えてしまうところでした。

過去を振り返ると、私に誠実に接してくれた方々は何人も居ました。
出会いを無駄にしたのかなと思うこともあります。

でも、あの時の私はそれに気付けなかった。
それは事実で仕方ないことです。

後悔はせず、これからの出会いを大切にしたいと思います。

考えが変わった

色々書きましたが、自信を持って言えるのは婚活を自分でやっていた頃と考え方が明らかに変わったということです。

色々な男性に会い、1人1人と向き合うこと(何か違うで終わらせないで、何が違うと思うのか考える、合わない部分は変えてくれる人なのか確認する、もしくは自分が容認できるのか考える)、それを続けられる環境にあったこと(山田さん始め先輩方が話を聞いてくれる、アドバイスをくれる)で変化がありました。

1人で中途半端に婚活をやるとただ苦しいですし、気持ちも全然変わらなかったです。
ここに入って活動したことで本当に大切なことに気づけました。
私は今の自分が思ういい人と結婚できるようこれからも活動を続けます。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

「優しい人、一緒にいて楽しい人、あとは尊敬できる人だったらいいな…というなんとなくの基準で探していました。」

まさに、このなんとなくの基準が、頭と気持ちが一致しない婚活になっていく原因です。

恋愛経験がない(少ない)女性にとって実は基準自体がなんとなくなのです。
なんとなくの基準しかないため「いい人なのに好きになれない」「いい人なのに決められない」となってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

恋愛経験がない(少ない)婚活女性が頭と心を一致させるためには、多くの男性に出会い、自分で納得できるまで動くことが必要なのです。

29歳女性会員さんは、「 私は婚活を始めてから色々な人に会い、たくさん嫌な思いを時には傷ついた」と仰っています。

嫌な思いや傷ついたりした経験こそが、頭と心を一致させる婚活をする通過地点となります。

傷つかない恋愛はそもそもありません。

恋愛経験がない(少ない)婚活女性が、 男らしい頼れる人と結婚したいのであれば、恋愛を経験するかまたは結婚相談所の活動で自分が納得できるまで多くの男性に出会っていくかのどちらかなのです。