関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

結婚相談所で結婚した2年後の夫婦とお話しできる環境です。(32歳新規入会者様の声)

20代から婚活アプリ、婚活パーティー、IBJ他社の結婚相談所を経験したO子さん
20代という若さが武器になる婚活市場でも結婚できない女性は意外と多いです…
婚活は出会いの機会の提供の場ではないからです。

さらに誰とでも良いから結婚させれば良いなどというのはもってのほかです。
そして、「成婚」の定義は曖昧です。
1対1に決めて真剣に付き合っていく(真剣交際)と決めた時点で成婚退会をさせる婚活事業者もございます。

成婚は結婚(入籍)ではございません。

ふたりの間で結婚が決まっても、入籍までには数々の壁やトラブルが発生致します。
そんな状況でも、あなたの事を大切に、話し合いができ寄り添ってくれる穏やかな男性との結婚は最高です。

ブライダルサロン東京は結婚生活を見据えた婚活を応援しております。

成婚退会後も入籍まで、そして、結婚生活も見守っております。
結婚式に参加させて頂き、旦那様にも成婚レポートを頂いた成婚者のO子さん。

ブライダルサロン東京での婚活や旦那様選びのポイントが結婚生活にとっても役立っていることを新規入会者様に語ってくださりました。

32歳新規入会者O美様の感想です。
ご一読下さい。

❤️32新規入会者O美様

結婚相談所で出会って、結婚されたご夫婦に会えるのは初めての機会だったので、当日が来るのをとても楽しみにしていました。
実際のO子さんご夫婦は想像以上にとても素敵なお2人でした。

まず、お2人の間を包む空気が温かく、お互いを思いやって、幸せな結婚生活を送られているのがすぐに分かりました。
O子さんの旦那様は、穏やかで誠実な方なのが伝わってきて、「こんな素敵な男性が結婚相談所にいるんだ」と正直思ってしまう程でした。

そんな旦那様が 「結婚生活にトキメキとかはいらないです。」 「特別なことはいらなくて、何気ない日常の繰り返しが幸せです。」 とお話しされているのを聞いて、山田さんや成婚者の先輩方がいつも言っている「結婚は生活」の意味が分かりました。

日常の生活に、トキメキやイベント(高級レストランでの食事やワインで乾杯)はいりません。
穏やかで誠実な旦那様と、その優しさや大切さに気づける心があれば、幸せな結婚生活=「愛され婚」を送ることができるのだと思います。

また、旦那様がO子さんのことを 「お見合いの時に笑顔が素敵で、プロフィール通りの方だと思った。」 「デートの時に僕が行きたい場所や食べたい物に合わせてくれて…結婚後も色々合わせてくれて感謝している。」 とお話しされていて、女性として魅力あふれるO子さんだからこそ、こんな素敵な旦那様に選ばれたことが分かりました。

そんなO子さんですが、 「前の結婚相談所での活動は全く上手くいかなかった。」 「仲人さんに相談しても的確なアドバイスをもらうことができず(質問しても質問で返されてしまう…)、婚活本に手を出していた。」 と話されていました。

「移籍組だからこそ、ブライダルサロン東京や山田さんのすごさが本当によく分かる」というO子さんの言葉を聞いて、1社目の結婚相談所で山田さんに出会えた私は運がいいなと実感しました。
O子さんが素敵な旦那様に選ばれたのは、魅力的な女性になるためにO子さんの大きな努力があってこそです。

私もブライダルサロン東京という最高の環境を最大限に活用して、O子さんのように選ばれる女性にならないといけないと強く心に思いました。
O子さんご夫婦にお会いして、「愛され婚」へのイメージが自分の中でより現実的で具体的なものになると同時に、私も「愛され婚」とさらに思いました。

このような貴重な機会を作ってくださった、O子さんご夫婦、そして山田さん、本当にありがとうございました。

新規入会者様からの感想をお読み頂き成婚者O子さん(28歳)から彼女と結婚相談所で婚活が上手くいっていないアラサー女性に向けても応援メッセージを頂きました。
ご一読下さい。

💖28歳成婚者O子さん

先日は山田さん、活動されている会員さんと旦那さまの4人でお食事をさせて頂き、ありがとうございました✨
とても楽しい時間を過ごす中で色々お話をしていると「ブライダルサロン東京での活動」と「移籍前の活動」、「結婚してから」で自分の気持ちに変化が出ていたんだなぁと実感しました。

23歳頃からネット婚活、25歳頃少し婚活パーティーへ行き、その後25歳で1社目のIBJ他社の結婚相談所に辿り着きましたが、思い返すと若さと勢いで何となく、イメージのないままやってきたように思います。
結婚相談所に入会する時にはネット婚活時代よりかは結婚へのイメージをしていましたが、そのイメージもただただ甘かったです。
ネット婚活も婚活パーティーも結婚を目標としていましたが、その過程ではトキメキやドキドキ等の恋愛をしてから結婚かなと夢を見ている時期でした。

私は良くいえば大人しく、静か。 悪くいえば暗く、影が薄い。
そんな印象を周りに与えていたと思います。
どれだけ自分なりに明るくしていても、それはあくまで「自分の中での基準」であり、自分のベストでありこれ以上は人の目を気にしてしまい、「無いな」と思っていました。

しかし、周りにも自分が思っているのと同様にその印象を与えられなければ意味が無いということはブライダルサロン東京での講座での学びでした。
特に1社目の結婚相談所での活動がそうで、相手と自分が考えているイメージのギャップが埋められませんでした。 どうすれば今以上に明るくポジティブになれるのか。
表情に出るようになるのか。
結婚相談所に入会したからにはアドバイスをくださる方もいるし、「きっと1年以内に結婚しているだろう」という期待とは逆に活動が上手くいがず、ネットや書籍からも情報収集をしていました。

入会したばかりの頃からカウンセラーさんにはとても親切にしてもらい、 「今こういう状況でこう思っているからこうしていこうと思うがどうだろうか?」 と話をして大体は、 「いいと思うからこのまま続けていきましょう」 となり、断られればどうしたらいいのか相談したはずが、逆に質問されるという不思議な状態に…。

親切に話を聞いてくれはしましたが、結論は何も出ず1年が経とうとしていました。
その頃には、お見合いはそこそこ組めてデートもできるけど3回目には断られる。
そんな残念なパターンが出来ていました。

断られた理由もしっかり聞いてもらうとまさに 「どう思われているかわからない」 「楽しくなさそう」 の理由に相談しても答えがないまま移籍しましたが、山田さんにお見合いやデートでのことを報告すればどこが悪かったのかがわかり、それに対してどうしたらいいのかも教えてくれました。

「無いな」と思っていた仕草や可愛らしさが男性にとっては女性らしく見えることを知りました。
また、移籍してからは驚きと学びばかりでとても良い刺激を受けました。
話し方講座では自分の持つイメージと相手の持つイメージをどれだけ近づけられるか、明るくポジティブになれるかを学び実践していきました。

A子さんF子さんのお茶会では婚活をしていた時の気持ちやどのような事をされていたのかを聞き取り入れました。
成婚されたからこそ、辛い時や大変な時の乗り越え方、会う度に「笑顔が前より明るくなってきたね」と声をかけてくれる優しさにとても心が癒され実感はなくても周りにそう思ってもらえるようになってきたのかなと思えるようになりました。

常に明るく笑顔を言われ続け、意識して表情を作るようになると表情筋が痛くなり、いかに自分が顔の筋肉を動かしていなかったのかを実感しました。
それと同時に、今まで表情がわかりにくいと言われていましたかその通りだったんだなと思いました。

山田さんから「できしな」を見たり、原作を読むように言われて読んでみましたが私にとって求めている事がたくさん載っていました。
特に「逆に楽しい」この言葉を使うだけで考え方がポジティブになりました。

例えばですがデート中にお相手の方が地図を見間違えて道に迷ったら今までであれば、「楽しくないし、歩き疲れたからもう帰りたい」と考えていましたが「逆に楽しい!色々な風景を見てこれからの話題作りのきっかけになる」といったようなことが思えたのを自覚した時はとても驚きましたが、自分が変われてきたことを少し感じることが出来ました。

ブライダルサロン東京での活動は「結婚というゴールを見据えているのではなく、結婚した先のことを見据えてもっとこうした方が良い!と言ってくださっていたんだな」と思えたのは恥ずかしながら結婚してからでした。
山田さんは常に忙しいはずなのにいつでも連絡がとれて、相談したら必ず答えが返ってくる。 当たり前かもしれませんが、1社目の結婚相談所での何も返ってこないことによる不安が一気になくなりました。

きつい言葉を言われたとしても、それがその子の為になるからこそ、私には無理だーと思っていることでも出来ると思ってくれているからこその言葉だと思います。
活動を始めて少ししてから旦那さまとお見合いをすることが出来たのは運が良かったと思います。

移籍してから学んだことが少しずつ自分の中で出来るようになり、笑顔も意識してはいますがそこそこ自然に見えるようになってきた頃でした。
プロフィール通りの印象をお見合いで与えることが出来たからこそ、今があると思います。

婚活のゴールは結婚かもしれませんが、そこからが本当のスタートです。
旦那さまとのお見合いから2年、結婚して1年半が経ちましたが他人との生活とはこんなにも大変なものなのかと実家暮らしで慣れきっていた私には戸惑いと驚きの連続でした。
最初はお互いが気を使いつつ過ごしましたが、1、2ヶ月過ぎるとだんだん気は使うけど些細なことに対してそんなに気にしなくなることに気が付きました。

ただ、それは旦那さまが慣れない家事をする私に気を使ってくれていたこと、やることを結婚する前に話していたからこそ、また旦那さまのお母さまからも「完璧にやらなくていいんだよ」と言ってくださったからこそ、「完璧にやらないと!」と背負い込まなくて済んだのだと思います。

結婚は日々の生活であり、その生活に慣れてくると変わり映えの無いもののようにも感じますが、その中で穏やかにお互いのこれからの事を話し合いながらしっかり同じ方向を向いて歩んでいける方と出会えたことは幸せなことですし、それを見極める為に必要なことを教えてもらえたからこそ今の私達夫婦があると思います。

また、些細なことですが、自分や共同で使っているものは私が管理し、旦那さまの使っている消耗品の管理と補充も一緒に行っています。
小さな事ですが結婚当初、これは自分でやらないのかな?と思った時もありました。
一応管理している様ですが買い物はほとんど私がしていることもあり、休日一緒に来てくれると荷物を持ってくれますが後ろを歩いていることが多く補充する物を買わないので、「こういうこともお母さんはしていたんだな」と思いました。

荷物を持ってくれることはとても有難いのですが、「まぁいっか。私がやればいいだけだし」と受け入れることが出来たのは活動していた時に身についた考え方と気持ちの持ち方かなと思います。(旦那さまも私と同じ様に思っていることがあると思います。)

他にも色々あることはありますが、それはお互い様でありそれを指摘し合ってケンカするのではなく些細なことでもしっかり話し合うことにより、心が穏やかにいられました。
そういうことも見越して、活動中から考え方や行動を学び上手くいかなかった婚活だけではなく自分の気持ちの持ち方もサポートしてもらえて、とても助かりました。
どれだけ言葉が上手でも話し合いが出来ず、私だけを大切にしてくれる人でなければ意味がありません。

山田さんはアドバイスと気持ちの持ち方について教えてくれますが、ただ口を開けてエサを待つ鳥のヒナではなく、自分からも受け取りに行く気持ちや学ぶ姿勢、最後にお相手の方の手を取るのは自分の意志であり、その手を取るという覚悟と責任を自分の中にしっかり植え付けさせてもらいました。

私の結婚相談所での最初のイメージは「入会すれば結婚があっという間に出来るだろう」でした。

覚悟や責任を持つということを考えていませんでした。
だからこそ、現実はそんなに甘く、自分が相手の行動やお話で嫌だなと感じれば合わないなと思いすぐ断りたくなり、結婚へのイメージがどういう家庭を築いていきたいとかすら無く、漠然と「結婚すれば幸せになり、より充実していくんだろうな」くらいな気持ちだったから迷走していたんだと思います。

ですが、ブライダルサロン東京ではその迷走は全くなく、ひたすら山田さんから言われたことを実践し自分なりに応用しその経験を積む。
苦手、恥しいと思ったことでもどんどん試して慣れていくことによりすんなり出来て自信がつく。

とにかく経験が少ないので「慣れる」ことはとても重要でした。

その経験が、成婚してから結婚までのお互いの親への挨拶や顔合わせ、親戚付き合いにも活用されていきます。
成婚してからも山田さんへ不安なことを相談すれば答えてくれますし、結婚するまで更には結婚してからも気にかけてサポートしてくださる結婚相談所はなかなかないと思います。

今後も感謝と思いやりの心を持ち続け、旦那さまの気持ちにも応え続けられるように頑張ります。
今後もよろしくお願いします。

O子