関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

31歳6月、他の人にゆれ、運命の彼に迷いを感じる。一方、「結婚したい相手のイメージ」や「結婚に対するマインド」が固まってくる。

💛32歳成婚者(F子)

〜2016年7月32歳、誕生日を迎えるまで〜
・2014年2月29歳、婚活開始!!!

■第8話:31歳6月、他の人にゆれ、運命の彼に迷いを感じる。一方、「結婚したい相手のイメージ」や「結婚に対するマインド」が固まってくる。

【31歳:出来事】

  • お見合いで出会った⑮さんと共通項が多かったので、⑮さんが運命の人ではないかと思い始める。(5/22)
  • 後の結婚相手Tさん(以下、Tさん)とピクニックデートをする。(5/29)
  • ⑮さんと交際開始して、デートするが、⑮さんからお断りの連絡が届く。(6/3頃)
  • 交際相手が3人に絞られてくる。
  • Bさんとは短時間デート、FさんやTさんとは長時間デートを重ねる。
  • 友人や同僚に、「そんなに頑張って婚活しなくてもいいんじゃないの?」と言われる。

【31歳:気持ち】

  • ⑮さんとは共通項が多かったため、気持ちを理解できると感じた。
  • ⑮さんからお断りの連絡があり、少しショックを受けたが、山田さんに教わった通り努力すれば、絶対愛されて幸せな結婚ができる!と思えるようになっていたので、たった1日でショックから立ち直ることが出来た。
  • FさんやTさんと、結婚生活を意識した会話をするように努力するが、なかなか自然に話せず、尋問のような会話になりそうで悩む。
  • 同じ結婚相談所で活動中の友人に「交際相手と、デートでの自然な会話で、“結婚生活のイメージがお互いに合うかどうか”を確認する方法」を聞き、山田さんに相談し、FさんやTさんとのデートで少しずつ自然な会話に盛り込むことができるようになってくる。
  • FさんやTさんと長時間デートすることで、“長時間一緒にいても疲れないかどうか”を含め、結婚相手として自分に合う人を見極めていく。
  • もう少し遅いペースで取り組もうかな?と、短期集中することに迷いが生じることもあったが、短期集中することは自分で決意したことなので、自分の決心を信じて突き進めることを再度決意した。 ・短期集中で婚活をしていることを話すと、肯定する人と否定する人がいた。 自分は人の意見に左右されやすいところがあるので、短期集中の期間は、否定する人とは婚活の話はしないように意識した。 肯定して応援してくれる人にだけ、婚活の話をするようにした。
  • 幸せな家庭生活を送っている既婚者と食事する機会を設ける等、より具体的に結婚生活に対して、ワクワクする、楽しい、幸せなイメージができるように努めた。
  • 婚活や結婚生活に対するネガティブな考えや情報が入ってこないように、そういった発言をする人を避けたり、自分自身が婚活迷走中に考えていたネガティブなことを思い返さないように努めた。