関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

「ご縁がありませんでした」以外の婚活アドバイスを求めているアラサー女性へ(29歳女性の声)

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

「ご縁があれば結婚出来るのでしょうか?」 と疑問に思う婚活女性は多いです。
今回は、「ご縁がありませんでした」と言われ続けた29歳女性がその答えを探すお話です。

「ご縁がありませんでした」という言葉の意味は?

お見合いのお断り理由でよく聞く「ご縁がありませんでした」という言葉の意味を知っていますか?

  • あなたに合うタイプの人ではなかった
  • 価値観が違った
  • 写真とイメージが何となく違った
  • 話がかみ合わなかった
  • 話すテンポが違った

というようなことが補足の理由としてあるのですが、これは体裁の良いお断り文句で実際は交際したくないお相手というのが本当の理由です。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

つまり、【ご縁がありませんでした】というのはあなたを傷つけない言葉として存在しているのです。

ちゃんとした理由が欲しくても納得できなくても、あなたを傷つけない言葉だとしたら納得できませんか?

ゼクシィ縁結びカウンターで27歳から2年間結婚できないと不安を抱えていた29歳女性は、お断り理由で「ご縁がありませんでした」を耳が痛くなるほど聞いたと苦しんでいました。

弊社に移籍後の気持ちの変化、なぜ「ご縁がなかったのか」についてお話してくださいました。

❤️29歳女性の婚活

〜入会前〜

活動状況

29歳、恋愛経験なし。
学生時代はスポーツ競技に打ち込み、就職後は仕事を優先してきた。
「いつか良い人と出会って結婚出来るはず」そう考え、恋愛を後回しにする。

27歳冬、姉の婚約を機に自身の状況を振り返り婚活をする事を決心。
出会いのきっかけを作る目的でゼクシィ縁結びカウンターへ入会。

また、合コン、街コン、婚活パーティーへ参加し、多い時は月数回、少ない時は活動せずお見合いも含め結婚に焦った時だけ積極的に活動する、自分に都合の良い気ままな婚活を行っていた。

活動結果

  • 自身で申し込みをしてもお見合いが中々成立せず、また成立しても自分が好感を持ったお相手からはお断りが続き進展が全く得られず… また、交際成立しデートに進んでも結婚したいと思えるお相手に巡り会えない事(今思うと自分の事を棚に上げ、都合の良い考え方をしていた事にびっくりします泣)もあり、徐々に活動から足が遠のいて行き、気持ちが焦った時だけ活動する状況であった。
  • 交際経験がない為、男性が何を考えているのか、どのように感じているのか理解出来ず、自分の何が悪いのかも分からず、途方にくれ迷走する。
  • 「自分が納得出来るお相手と結婚がしたい」と考えつつ、自分がしたい結婚の具体的イメージを持っていない。
  • お見合い時お相手に楽しんでもらう為と、自身の考えや過去の経験を赤裸々に話し、お相手が引いている事にも気付かずにお見合い終える事多々あり。
  • 女子力を高める為雑誌を購入し(自身の好きな系統が載っている雑誌を購入していた)、それを参考にして洋服を購入。
    Aラインスカート等女性っぽい洋服は自分には似合わないと勝手に決めつけ、「こんな自分でも着れて女子力も感じれる服」という抽象的かつ自身の独断と偏見のみで洋服を選び、自分は婚活を頑張っているという謎の満足感で2年という貴重な年月を無駄にする。

当時感じていた事

自分が好感を持ったお相手からお断りされる事が多く、その原因を知り改めたいと思い担当カウンセラーさんに聞いても「今回はご縁がなかっただけ。いつかきっと○○さんに合った、○○さんの事を素敵だなと思ってくれる男性が見つかると思う」等抽象的なアドバイスしかもらえず、自身が婚活するにあたり、どうしたらいいのか、どこに向かって頑張っていったらいいかわからない状況を絶望的に感じ、モヤモヤした気持ちを抱いていた。

途方にくれ絶望的な気持ちになっていた頃、山田コーチのブログをみつけ、自分が探していた結婚相談所ではないかと思い相談に申し込みをした。

※ブライダルサロン東京ではカウンセラーさんがコーチのように親身になってアドバイスをくれまた結果を出すことを目標としているため、山田さんのことを山田コーチと呼んでいる会員さんがいます。
私もスポーツ経験者のため、コーチと呼ぶ方が身近なためそのように呼んでいます。

〜入会後〜

お見合い写真が大事

私の場合は太っており、活動する上でとても大事な役割を担ってくるお見合い写真を撮影する為、まずはダイエットをする。
山田コーチより食事をしっかり摂った上で体重を落としていく必要性、健康美は大切でありどのようにダイエットを行なったらいいか方法について助言をもらえた。
その後、栄養面を考え食事は3食しっかり摂り運動を行って1ヶ月半で−7kgの減量に成功した。

婚活市場の現実を把握

山田コーチより今の婚活の状況、男性が私を見たらどう思うか等男性目線の貴重な意見を教えてもらう事で、自身の現在の状況を客観的に把握し、理解する事が出来た。

コミュニケーション力アップ

婚活する以前に私はコミュニケーション力が乏しいことがあり、まずは人として普通のことであるコミュニケーションの勉強から教えてもらった。

課題図書では、1つの目標に向かって取り組む姿勢や考え方を学べるもの、コミュニケーションスキル向上の方法、人と関わる上で大切な気配りや心遣いの方法等が書かれているものを読んだ。

どのような女性が男性から好まれるかを学習する為ドラマを見たり、話題作りの為に男性が好む漫画を読んだり等、人間活動中であり、婚活する私にとって必要な知識を深めていった。
また、活動中山田コーチから男性目線でのアドバイスを頂ける事で、恋愛経験なしの私でも男性がどのように感じて、その行動がどんな意味を持っているのか、を理解する事が出来た。

お見合いやデート後にすぐにフィードバックして頂くことで、以前であれば男性の気持ちが分からずモヤモヤしていた時間を省く事ができ、また客観的に現在の自分の状況を捉える事が出来た。
知識を深めていく事で、いろいろな課題がみつかり、お見合いやデート中お相手から好感触な反応を頂ける事が多くなった。

男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

恋愛経験がない女性が婚活の知識だけで活動しても、経験値が足りないため頭で考えすぎて男性からウケない会話や態度をしていることがよくあります。

恋愛経験がなくても、お見合いや仮交際のやり方を覚えれば誰でもできるようになっていきます。

活動1ヶ月が経過しての変化

  • 今回ブライダルサロン東京に移籍した事で、プロフィール写真とその内容は活動するにあたりとても重要な役割を持っているのだな、と感じた。
    他で活動していた時に比べ、会える層の幅が広がっていると考える。
  • 男性目線でのアドバイス、またお見合いやデート後フィードバックしてもらえることで、改善点、次回の課題を共有する事ができ次に繋げることが出来た。
    また、LINEの返信方法等、男性が返信しやすいポイントを教えてもらえた。
  • 男性の気持ちや考えが分からず、男性との楽しい会話の仕方ややり方を教えてもらうことができた。
    それにより、自分自身も男性と楽しく会話することができるようになった。


「自分が納得出来る結婚がしたい」その様に考えていたが、何に対して納得できるのかが曖昧だったことに気が付いた。

そもそも男性との会話を自分自身が楽しいと思ったことがなかったことに気づいた。

恋愛経験がないため頭で考えてしまいこういう会話をすればいいんだろうな?というのはやっていたが自分が楽しめる気持ちがないと男性の気持ちはわからなんだろうなと感じることができた。

恋愛経験がない婚活女性にとって、「ご縁がありませんでした」は納得ができない理由でしたが、ブライダルサロン東京に来て自分が婚活が楽しくないのに「ご縁」なんてできるわけないなと改めて感じた。

きっと「ご縁がある」というのは、自分がポジティブな気持ちになって婚活をしていたらできることなんだと思う。

男性が好きな話や盛り上がる話題を理解できた今の状況なら「ご縁」も作れるものだと実感している。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「ご縁がありませんでした」この言葉の本当に意味は「ご縁がない」ということではありません。

「ご縁がある」というのはご縁を作るポジティブな考えを持てる時なのです。
そして、ポジティブな考えを持てるには、男性と楽しい会話をすることです。

  • 男性が思う楽しい会話がわからない、知らないから無言になってしまう…
  • 無言になるから苦しくなり、自分の話ばかりしてしまう…
男性心理がわかる婚活カウンセラー山田翼

こんな状況を繰り返していると、ポジティブな考えにはならずネガティブなマイナスな気持ちしか出てきません。

ご縁をつかむためには、ご縁をつかむポジティブな考えをもつことが大事なのです。