関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

受動的なオンライン婚活から能動的なオンライン婚活へ

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

新型コロナウイルス感染症は、残念ながら長期化しそうです…
緊急事態宣言や自粛が解除されても第2波、第3波が来る可能性があり、本格的な終息は効果的なワクチンや治療薬ができるまでとも言われております…
そうだとすると、1年以上、場合によっては2年程度、こういった状態が続いてしまうかもしれません…

アラサー女性の1,2年は婚活において死活問題です。

こうなるとこの状況下で「どのように婚活を進めていくか?」を真剣に考える必要が出てきた事は間違いないと思います。

ただ、全国に緊急事態宣言が出された4月7日前後に比べて恐怖感は落ち着き、外出自粛や三密回避や大規模イベント等の中止により新規感染者数は全国で減少傾向にあります。

5月14日には関東の1都(東京都)3県(埼玉、千葉、神奈川県)、関西の2府(京都、大阪府)1県(兵庫県)、そして北海道を除く39県については緊急事態宣言が解除されております。

大阪も大阪モデル達成により5月16日より休業要請を段階的に解除し出しております。
※2府(京都、大阪府)1県(兵庫県)は5月21日緊急事態宣言解除の見通し。

東京もこのペースで新規感染者数が減少傾向であれば、遅くとも5月末までには緊急事態宣言が解除されると言われております。
スタバも本日(19日)から持ち帰りのみですが東京では営業が再開されました☕️

しかし、6月から元通りの生活が戻るわけではない事は皆さんも想像するのは容易いかと思います。

そこで、吉村大阪府知事の【吉村知事「外出、外食していい」…「気の緩み」とは違う】という記事を拝見し共感致しました。

「全く外出しない」or「元通りの生活に戻す」
の二者択一ではなく、分かってきている感染症対策をしっかり取りつつ社会生活を行っていくという現実的な意見だと思いました。

婚活もこの限りだと思います。

第1波では想像を絶するスピードで新型コロナウイルス感染症が広がり、緊急事態宣言が出され突然自粛生活が訪れました。
婚活を続ける為に受動的にオンラインを利用されていた方も多いのではと思います。

ただ、これからはある程度予想が出来るでしょう。
また、第1波よりは小さい第2波、第3波と縮小均衡が予想されております。
これからの婚活は「能動的にオンラインを活用する」と捉えてみてはいかがでしょうか?

それでも、コロナやオンラインの捉え方は人それぞれで良いと思っております。
この状況下でも結婚したいという想いを持ち、婚活を行いたいと活動の方法を考えているアラサー女性の一人一人の状況やお考えに寄り添いながら、個別に不安や疑問を払拭しつつサポートに努めて参ります。