関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

20代で結婚相談所でお見合いをし結婚&結婚相談所での出会いであることもオープンな結婚式&披露宴でした。

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

結婚相談所での出会い(お見合い)もオープンにされた20代同士の結婚式及び披露宴に参加させて頂きました。

弊社の成婚者である新婦O子さんより披露宴後すぐにお礼のメールを頂きました。

ご一読下さい。

27歳成婚者O子様

山田様
いつもお世話になっております。

本日はお忙しい中、結婚式及び披露宴に成婚者F子さんと出席してくださり本当にありがとうございました。

多くの方々にプロポーズをしてもらってからちょうど1年経ったこの日にお祝いをしていただけてとても嬉しかったです。

また、突然のインタビューにも答えてくださりありがとうございました。
まさか披露宴で実家暮らしのことを言われると思ってなかったのでとても驚きました(笑)

山田さんには活動中だけではなく成婚後も、今現在もですがたくさん気にかけていただき、旦那さまと共にお食事をしたりお話を聞いて頂いたりと色々と気にかけてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。

思えば成婚退会後から旦那さまとお会いしてくださり、更に私の両親へ挨拶に行く時の手土産のアドバイスを頂きましたがその手土産は私の父に大変好評でした。
「良い人を見つけたね」と言ってくれたり、彼が手土産で持ってきたお菓子を食べる時にも「ちゃんとしているね」と言っていました。

父は接客業をしているので、人を見る目が厳しい部分があり玄関を入ってきたところからどんな感じで入ってくるのか見ていたり、雑談していたのに突然これからについて聞いて即答出来るか試したりしていましたが、しっかり答えてくれたことによりとても彼のことを気にいってくれました。

式場もたまたま第一候補のウエディングフェアの後に大慌てで挨拶に行きましたが、会場も「〇〇さんが決めたところは素敵なところだね!」と場所を気にすることなくすんなりOKが出るほど旦那さまの人柄を気に入ってくれたようでした。

また、山田さんから実家暮らしでも料理を出来るようにするのは当たり前と言われていましたが、結婚して一緒に住むようになってからはよりその言葉の重要性をひしひしと実感しました。
レパートリーが少ないと常に「今日の夕食は何を作ろうかな」と考えているので、もっと実家にいる時に母から教えてもらったり、自分でやれば良かったなと思いますが、今は少しずつレパートリーを増やしています。
料理はより頑張りたいと思います!

また、そのこともあり母への尊敬と感謝の気持ちがとても強くなりました。
仕事で忙しい中家事をこなしている姿は本当に凄いなと思いましたし、実家暮らしだったからこそとても楽をして過ごしていたんだなと実感しました。
父はバージンロードを一緒に歩いてくれるのをとても楽しみにしてくれていて、忙しい中常に私達が元気に過ごしているか気にかけてくれてとても有難いなと思います。

弟は恥ずかしがり屋でぶっきらぼうなところがありますがとても真面目で、引越しの手伝いや結婚祝いを一生懸命考えてプレゼントしてくれた時はいつの間にか成長していたんだなと感動しました。

家族から離れる時とても寂しく感じましたが、離れたからこそ周りにいてくれた温かさや大切さ、有難みに気がつくことが出来たのかなと思います。
他にも家族だけではなく職場の方々にも気にかけてもらっていたこと等環境が変わったからこそ気がついたことが多く、自分の視野の狭さ反省しました。

その為、今までより色々なことに興味を持つように心がけて過ごすようになりました。
新生活は慣れるまではなかなか大変でしたが、楽しく過ごすことが出来ていると思います。
旦那さまは忙しくても家事を分担してくれて、私のことを気にかけてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

山田さんから「愛され婚」になる為のことを教えてもらわなければ、結婚したとしても幸せ新生活ではなくお互いが早々にイライラして、おおげさかもしれませんが生活が破綻しそうな気がします。(特に私の家事と料理で…) お互い不満を溜め込みがちなので爆発する前に話し合いをしたいと思います。

成婚退会してからは毎日があっという間で、新居や結婚式場を探したりその準備や前撮りをしたりと忙しいながらも穏やかに楽しく過ごせています。
旦那さまと仮交際していた時に誕生日をお祝いし、こんなに早く結婚できると思っていなかったので次の年には一緒の家で過ごし、お祝いをすることができてとても嬉しいです。
「結婚は生活だ」とよく山田さんが仰っていましたが、まさにその通りだと思います。

毎日顔を合わせ、同じ空間で同じ時間を共有する人ですから、お店の予約がしっかり出来たりエスコートができ周りに自慢できる人より、ちょっとこだわりがあっても私のことを考えてくれて大切にしてくれる方に選んでもらえて本当に良かったなと思います。
お互いが別々の事をしていても、会話が無くても気にすることなく穏やかに過ごせていることこそが生活だと思います。
一緒に暮らしていくと育った環境が違うからそこの価値観の違いや、家での過ごし方など色々なところで違いが出てくるということを婚活迷走して活動をしていた時は考えていなかったと思います。

特に相手を思う気持ちや望むことを感じる能力が私は鈍かったです。
鈍いというより、そんなに機能しておらずお相手に興味を持っていなかったともいえるかもしれません。

現在働いている会社を新卒で入社した時から元上司に「もっと周りに興味を持ちなよ〜」と時折言われていたことを思い出しますが、自分を受け入れて欲しいという気持ちが強い割にお相手のことにあまり興味が無い。
興味がないのでお相手のことをたいして気にもせず、自分の好きなことや受け入れてほしいことを話す。
話を聞いてみても好きなことが自分と違う世界で難しそう、ムリと思ってシャットアウトしてしまうetc…
どの方も素敵な方々でお相手探しに対して自分はあまりこだわりがないと思っていましたが、色々難癖つけて「自分のことを受け入れてくれないのでは」と勝手に思い込んで、心を開かないままただ断りたい理由を探していただけだったんだと思います。

自分のことを良く思ってもらいたいと思うのは当然かもしれませんが、そう思うなら自分もお相手に対しての気持ちを表して見せなければ一方通行で、好意を持ってもらえるわけがありませんでした。
だからこそ、他のIBJ加盟の結婚相談所で婚活迷走していた1年では「どう思われているかわからない」と言われることが多くお断りされていたんだと思いました。
自分で思い返してもやってしまったなぁと思いますが、そんな感じで婚活していたら1年迷走するのも当然だったかもしれないと思います。

移籍して、山田さんからお相手のことを受け入れれば自分のことも受け入れてくれると言われていた通りでした。
ですが、ブライダルサロン東京での活動をふわっと独身の友達に話しましたが、皆最初の反応は「えっ!」とありえないという反応でした。

婚活していること自体、早いと思われていましたが言われた通りにやることが受け入れ難いことと、言われた通りにやることにより「自分らしさ」が無くなると思ったようでした。

自分らしさが無くなるわけではなく、お相手にとってマイナスにならないようにするためにしていることなので自然と自分らしさは出てきますし、最初のうちは隠せていてもだんだんと過ごしていくうちに隠すことは出来なくなってくると思います。
最初のうちは、お相手の方の好きなことに興味を持ち、たとえ本心ではそんなに興味がなくても(失礼ではありますが…)一緒にやることにより楽しそうな表情を見て興味が出ることもあるんだなと思いました。

興味がなかったことも見たり体験してみると楽しくなり興味が出て、自分の考え方にも変化が出てくるようになり、その変化を驚きましたが楽しいと思えました。
お相手の方の望むことを感じることは今でも難しいですが、会話の中に混じっていたりするので頑張って拾える様に今でも会話は注意するよう心がけるようにしています。

また一緒に生活し慣れが出てくると昔の自分に戻りそうになり、旦那さまの言葉で改めて「初心忘れるべからず」だと思いました。
私が言いすぎてしまったり、色々やってもらった時ふとどんなことでもお礼が言えているか「感謝の気持ちと謙虚な気持ち」を忘れているのでは…! ポジティブな気持ちを忘れているのでは…!と思いました。

ブライダルサロン東京で活動している会員の方とお話をする機会を設けてもらい、当時を思い出しつつ気をつけていたことが今も出来ているだろうか。
という再確認をする良い機会になりました。

更に結婚式と同じ日にV子さんが真剣交際になるというお話が聞けてとても嬉しかったですし、さらに幸せな気持ちになりました。


また、生活をしている中で旦那さまから学ぶことはとても多く、婚活中でも気をつけようと思うことがありましたが、今でもそう思うことが多いです。
結婚式の準備も仕事で忙しい中、旦那さまが結婚式ブルーに若干なりつつも色々と担ってやってくれました。

動画関係は全て旦那さまが作ってくれましたし、来て下さる方へのおもてなしという部分と自分達がやりたいことに対しての気持ちが強かったというのもあると思います。
ですが、その中で私がやりたいことも取り入れてくれたりととても有難かったです。

色々とサプライズであったり、旦那さまからご両親への手紙などほかの結婚式ではあまり見られないことも多々行いましたが、式場の方々のお力と来てくださった方が楽しく温かい空間で過ごしてもらえたらと思いつつ準備をしていたので、来てくださった方々の笑顔を見てとても嬉しくなりました。

結婚することがすべて幸せに繋がるとは限りません。
辛いと思う方もいると思いますし、今は幸せでもその気持ちや環境を続けていく為にはお互いが気をつけなければいけないこともたくさんあると思います。

ですが、1人で何かを達成した時より旦那さまと2人で協力して過ごした時間と、達成した瞬間はとても幸せに感じました。

まだまだ結婚生活は始まったばかりです。
これから先の長い時間を共に過ごしていく中で辛いことや楽しいことが色々とあると思いますが、お互いを補い合いながら頑張っていきたいなと思います!

長くなりましたが、本当にありがとうございました。

O子