関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

コロナで婚活はなんとも言えないもどかしさ…

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

コロナに対する意識の変化にただただ驚いております!!!
この1ヶ月でコロナに対する世間の雰囲気はガラッと変わったと感じております。
それは婚活にも大きな影響を与えております。

3月14日東京で桜の開花宣言が出され、自粛ムードに疲れが生じていた結果3連休はぽかぽか陽気の影響もあり街は賑わっておりました。
私自身も昼に近所を散歩した際、公園は家族連れやカップルでいっぱいでした。

一応コロナを警戒していたのかオープンテラスでランチをしたのを覚えております。
ランチタイムの終わりでしたが、私が入った後は待ちも出来るほどでした。

お店のスタッフさんが常連さんとお話ししている声が聞こえ、「団体のキャンセルはありましたが、個人のお客様はこの通り^^」と笑顔でした😊
イタリア以外の欧米諸国でもコロナの感染者が急拡大している状況からオリンピックが難しいという雰囲気に…

3連休が明けた23日(月):安倍首相はコロナの感染拡大が収束しない場合、東京オリンピックの延期を容認する考えを示し、その翌日(24日)には延期が決定。

さらにその翌日(25日)には小池百合子東京都知事による緊急会見(感染爆発の重大局面)で週末の外出自粛要請が!!!

28日(土),29日(日)と弊社の関東会員様のお見合いは全て延期、再調整となりました。

ここでガラッと雰囲気が変わったことを感じました😰

志村けんさんの訃報やスポーツ選手の感染、何よりも若者は感染しないと思っていたら、続々と報告される若者の感染者… 「状況を見つつ…」と言われていたお見合いは翌週からは、連日「東京都の今日の感染者数は?いつ100名/日を超えるか?」というニュースやワイドショーからの情報ばかりが目に入り… 常に今日が最悪の日、もっともっと悪くなるのではという日々、当然、4日(土),5日(日)に再調整されるお見合いは1件もなく、7日には「緊急事態宣言」が…

私はコロナの事は専門家ではございません。
政府や知事の判断をどうこう言うつもりもございません。
ただ、一市民としてコロナに対する1ヶ月の自身の心境の変化を書かせて頂きました。

さて、本題です。
私は婚活の専門家です。
婚活の相談であれば、どんな相談でも答えられますし、進め方や判断の方法を明確に示す事が出来ます。

それは、あなた自身の婚活上の原因が分かるからです。
ただ、コロナが絡んでくるとコロナの正体は分からない事だらけです。

なんとなく分かっているのは、皆さんと同じで 飛沫感染と接触感染。

  • 感染しても症状が現れないらしい…
  • 保菌者かもしれないらしい…
  • 症状が現われるまでの潜伏期間は2週間くらいらしい…
  • 3密(密閉、密集、密接)を避ける。

そして、小池知事の会見に同席した大曲国際感染症センター長の発言がとても印象に残っております。
「8割の人(感染者)は本当に軽い」とした上で、「ただ残り2割の方は確実に入院が必要で、全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない」などと説明。
危険性は低い。
ただ、感染しているかもしれない。
そして、移してしまうかもしれない。

このぼんやりとした不安とテレビやネットから常に視覚的に伝わってきてしまう情報量の多さに恐怖を感じているのではないでしょうか?
また、人によってコロナに対する認識が異なっている印象もございます。
全てが自粛(強制力がなく)、自己判断という点も難しいところです。

また、コロナの影響が「いつまで続くのか?いつ終息するのか?が誰にも分からない。」というのももどかしいところです。
「婚活は不要不急なのか?」と聞かれれば、アラサー女性の切実な想いを伺っている身としてはYesですが、この状況下で積極的に婚活を行う事にはNoです。

じゃあどうしたらいいの? と聞かれると私自身も答えに詰まってしまいます…
ただ、それぞれの交際状況によっても方針は異なるのではないでしょうか?

真剣交際間近より進んでいるお相手がいらっしゃるのであれば、2人の関係も親密ですのでLINEでしっかりコミュニケーションも取れ、電話やビデオ通話の抵抗もなく、会えない時間も関係を構築し、コロナが落ち着くのを待ち、その後で結婚に向けて具体的な物事を進めて行けると思います。

しかし、まだ真剣交際に進めるようなお相手が見つかっていない… これからお見合いを積極的に行おうと思っていたアラサー女性にはなんとももどかしい期間となってしまいました。

「緊急事態宣言」が出た以上、会社からも様々なお達しが出ていることでしょう。
実際にお見合いをする事はほぼ不可能な状況です。

ただ、すぐにオンライン(ウェブ)お見合いに積極的かと言えば、正直そんな事はないと思います。
緊急事態宣言が5月7日以降に解除されるのであれば、それ以降に実際にお会いしてお見合いをしたいと願っているアラサー女性も多いと思います。
現時点ではそれでいいと思います。

もちろん。この状況が続くようであればオンライン(ウェブ)お見合いを検討していくでしょうし、準備や練習は積極的に行っております。
実際に抵抗があっても行ってみたら意外に違和感がないと感じるかもしれません。

いずれにしても皆様、経験した事のない状況において、先行きも不透明な中、婚活を積極的に行う事は気持ち的に躊躇されていると感じております。
一人一人の状況や気持ちに寄り添いながら、ご意見を尊重しながらサポートさせて頂きたいと思っておりますが、私自身もなんとももどかしい気持ちでいっぱいです。

GW明けくらいまでは様子を見つつも深く考え込まず、婚活はお休みするくらいの気持ちで良いと思います。
婚活に焦りは禁物です。
好きな香りのアロマや入浴剤でリラックスしたり、お気にりのハーブティーや紅茶を楽しみながら、天気の良い日には近所をお散歩するなど、心穏やかにお過ごし下さい。

取り留めのない話になってしまいましが、最後までお読み頂きありがとうございます。
1日も早いコロナの終息を願いつつも、様々な準備はさせて頂いております。

焦らず、慌てず、 「待てば海路の日和あり」です。