ホームページをリニューアル致しました

婚活デートお会計問題に終止符打ちます(結婚相談所の男性の特徴を踏まえて)

結婚相談所でお見合いから仮交際(プレ交際)になった際のお食事やデート時のお会計はどのようにしたらよろしいでしょうか? というご質問を多々受ける事が多いです。
婚活コラムや婚活ブログにもたくさんのご意見があると思います。

婚活デート、お会計問題

  • 男性が出すべき。
  • 年上にも関わらず…
  • 初回くらいはご馳走して欲しい。
  • 別に出したくないわけではない。
  • 私も働いているし…
  • コースで飲み放題を勝手に予約しているんだし、払ってよ。
  • 1円、10円、100円単位の割り勘って…
  • 私の方が食べている量少ないのに割り勘って💢
  • 1,000円、2,000円ちょうだいって苦笑… etc…

アラサー女性の心の声はこれくらいでよろしいでしょうか?
まず、このように思ってしまう背景には対象の男性がそんなにタイプではないんでしょうね。
だから、このようなモヤモヤを抱えてしまうんだと思います。
タイプの男性であれば、割り勘でもまた会いたいと思うでしょう。

男性も全く一緒です。

  • ご馳走してでも、また、この女性とお食事したい。
  • 彼女の食べたいものをご馳走したい。
  • また、あの笑顔が見たい。
  • もっとおしゃべりしたい。

と思えば奢ることに抵抗感は全くございません。
要するに答えは、「あなたにその魅力があるか?」を考えることです。

誠実な男性の場合

①結婚相談所で結婚できる誠実で穏やかで優しい素直な男性であれば、まず、その魅力があれば、ご馳走してくれるでしょう。
2,3回と食事やデートを重ねる中であなたが真剣交際も考えられると思い、お金を出したいと思えば出せばよろしいです。

俺は〇〇主義なタイプ

②「俺は割り勘主義なんで」を貫く男性は自分のお金は自分のものという考えが強いと思います。
結婚後もお財布を共有できない可能性は高いでしょう。
ただ、そのような事を言っていても新垣結衣(ガッキー)と食事が出来る事になったらご馳走すはずです。

ハイスペック男性の場合

③ハイスペック男性が安いお店に連れて行って反応を見ていたり、財布を出すかチェックしている場合がございますが、そのような男性の望む対応をしてなんとか結婚できたとしても結婚後も旦那様のお金の使い方にあなたは縛られてしまうでしょう。

②のようにこだわりがあっても目の前に魅力ある女性が現れたら価値観を変えられる。
③のようなハイスペック男性であっても試されずにご馳走してもらえる魅力ある女性である。

目の前の仮交際(プレ交際)男性が見上げる魅力ある女性になる事がお会計問題で悩まない答えです。

男性が見上げていないにも関わらず、お会計をどうしたら良いか悩んでも、おごってもらえないことに不満を感じていても意味がございません。
アラサー女性は結婚の可能性がない男性と向き合い過ぎです。
それがストレスになって悩んでおります。

見下している男性(いいなって思えない男性、自分に好意がある男性)にモヤモヤを抱えておりますし、 見上げている男性(いいなって思える男性、自分に好意があるか分からない男性)にもモヤモヤを抱えております。

どちらとも結婚する可能性は無いわけですし 結婚したとしてもモヤモヤを抱えての結婚生活な訳ですから。
目の前の仮交際(プレ交際)中の一人一人の男性とはお見合いで1時間お話ししている訳です。

交際になれば、会うまでに1週間前後LINEのやり取りをされている訳ですから。
それらの情報からあなたはどれくらい好意を持たれていて、男性はどんな性格で、お会計の仕方や言動はどんな意味や意図があるのか?結婚したらどんな旦那様でどんな結婚生活になるのか?を判断し、結婚する可能性のある男性とだけ2回目のデートに進んで下さい。

ストレスの溜まる交際は婚活疲れを加速させます。
その判断を結婚相談所を利用されているのであれば、仲人や婚活カウンセラーに徹底的に行ってもらい、早く自分自身で判断できるようになりましょう。
それが出来るようになるから安心して、結婚相手を決められる訳です。

まとめ

お会計問題に関わらず、婚活上のあらゆる男性の言動を手に取るように自分自身でわかるようになる事が結婚への近道です。
♻️ここまでの活動を振り返っても自分は全く相手を惚れさせられていないし、現状では結婚までも遠いと思った。(33歳成婚レポートより)

ご自身で婚活に向き合うことが難しいアラサー女性は「単発婚活相談」でお手伝いさせて頂きます。