関西で10月24日(日)「単発婚活相談」お受け致します。

成婚退会後、入籍まで長引く3つのケースとは!?(結婚相談所の成婚は結婚ではない⚠️)

成婚退会後 入籍

結婚相談所の男性心理がわかる婚活応援ブログ
男性目線で婚活女性の悩みや疑問にお答えします。

成婚退会後にも関わらず入籍まで長引いているアラサー女性へのメッセージになります。
このブログを読むと入籍までの方法が分かります。

男性心理が分かる婚活カウンセラー山田翼

結婚相談所で成婚出来ても、残念ながら結婚(入籍)まで至らないケースは多々あります。

入籍まで至らない3つのケースについて説明していきます。

彼が即入籍をためらう…同棲から…

結婚相談所でお見合いをして、真剣交際を経て、成婚退会をしたにも関わらず…

  • 6ヶ月〜1年と交際をしてみてから入籍したいと言われたり…
  • お互いを知る為に同棲の提案をされたり…
  • こんなにすぐに相手が見つかると思っていなかった、君の問題じゃなくて、僕の問題だからと結婚の覚悟が決められないなんて男性もいたりして…
  • そもそも結婚相談所のルールや仲人の介入に違和感を感じ、3ヶ月ルールに縛られたくない…
  • 結婚相談所が合わないみたいな…発言がありつつも渋々、プロポーズなしで成婚退会してしまった
  • 彼の親が賛成してくれていないようだ

意外と上記のような発言をする男性は残念ながら実際に存在します。

彼の両親になかなか紹介してもらえない

自分の両親には会ってもらったのに、彼の両親に紹介してもらえないケースがあります。
なぜこのようなことが起こるのでしょう?

これには、彼の性格のタイプにもよるため、一つずつ説明していきます。

彼が頼りない(どっちつかず…)

結婚相談所に登録していたということは、恋愛結婚とは違うため、誰かのお世話になって結婚をしたという事実があります。

そのため、彼の性格が自ら動くというタイプよりも、悩みながら少しずつ先に進むタイプだったり、
仲人(カウンセラー)さんにも後押しされて成婚退会まではできたとしても、あと一歩勇気が出ないというような性格のことがあります。

このような彼だった場合、自分の両親に紹介することへのハードルが高くなってしまいなかなか進みません。

対処法

まずは、両親に結婚の話をしているのかどうかを確認してみましょう。

①「している」と言われた場合は、あなた自身が彼の両親に会える日程を決めてそれを提案してみます。
その後、彼に両親へ提案した日程を打診してみるのです。

②「していない」と言われた場合は、なぜしていないのかを聞いてみましょう。
彼の問題というよりも、彼の両親の性格の問題だったり…何か病気を患わっているなどがあるかもしれません。

ポイント
あなたの焦る気持ちを抑えて、彼の気持ちを確認していく作業を一つずつしていくのです。
男性は、いくら愛情があったとしても自分のペースというものあります。

早く!早く!という気持ちはかえってこじらせてしまう原因にもなるのです。

上記をやっているのに、全く進まないという状況の場合は、他にも何か原因があります。

例えば…

  • 男性が自分の両親に結婚したい女性がいると伝えてくれても「どこで出会ったの?」
    →結婚相談所と伝えると険しい表情や雲行きが悪くなったり…
  • 短い期間で相手を決めることを「早すぎる」のではないかと心配して反対しているケース

このような場合は、今後の進め方についてプロの第三者目線の意見を聞いてみるのもひとつです。

彼が不機嫌になったりする(話し合いができない)

いざ、大事な話をしようとすると、不機嫌そうになったり…
面倒くさそうな態度をとるようなタイプの彼の場合、話し合いそのものができません。

この状況は、彼の両親への挨拶をするということに抵抗を感じているわけではなく、彼が面倒なことは後回しにしてしまう性格だということも言えます。

また、このケースは、もし仮に両親への挨拶が両家顔合わせの日程調整がなんとか進んだとしても、結婚後の生活にも不安を感じる状況起こってきます。

結婚準備には済む場所を決めたり、家計の管理の仕方、家具や家電をそろえたりなど…
いろいろなことが一度に進んでいくので二人の話し合いや協力がないと前に進んでいくことは難しいです。

そんな時、投げやりな態度をとったり、「君の好きにきめれば?」「考えていない、なんでもいい、それ必要?要らなくない!?」というような一緒に協力してくれない姿勢をとる彼だった場合、結婚後、穏やかな生活が待っているのかというと…

なかなか難しいですよね。

対処法

このようなタイプは、あなたの強い意志と、あなたが一人で頑張るぐらいの気持ちを持たなければ進みません。

投げやりな態度をとる性格の彼は、もともとそういう性格だったとも言えます。

今まで見えていなかった部分が、イッキに見えてくるのが入籍までの道のりです。
自分一人で頑張るという気持ちで乗り越えていける覚悟がないとこのようなタイプの彼とは入籍自体が難しいです。

酷な言い方をしますが、割り切ってお別れを決意することも大事な選択になります。

ポイント
投げやりな態度をとるのはやめてほしい、困っていることを伝えてみる。
一緒に頑張る気があるのかを確認してみることが大事です。

男性心理が分かる婚活カウンセラー山田翼

それでも…
あなた自身が納得できず、悲しい気持ちになったり、頑張りすぎて苦しくなってしまうようですと、散々頑張ったのに結局前に進めなかったという時間と無駄にしてしまう危険性もあるので、早めに見切りをつけることも大事です。

彼の持病・借金・宗教が発覚した

成婚退会後に、持病・借金・宗教が発覚するケースがあります。

これは、本来、成婚退会前に知っておくべき事実なのですが、結婚相談所の方針によってはプロポーズ=成婚退会ではないこともあるため、あとあとになっていろいろなことが発覚するということもあるのです。

対処法

①持病については、あなたがそれを受け入れられるかどうかが問題になってきます。
「持病のある彼と結婚するのは無理…」ということであれば、早急にお別れを決意されることが良いと思います。

②借金の場合、内容にもよります。
両親のために家を買っているなどのケースや、奨学金だったり、一概に彼だけの問題とも言えません。
ギャンブルに使ってしまった、何に使っているのか本人もわかっていないというような状況の場合、お金の管理ができない人間という理解をした方がよいでしょう。

③宗教については、本人がやっているのか家族がやっているのかを確認することが大事です。
家族のみで本人が関係がないと言ってもらえるか?
献金などをしているのか?
それを聞いて、自分が受け入れられるかによります。

ポイント
①持病の場合は、持病も含めて彼と共にできるかを考える
②借金の場合は、何の借金なのかを確認し、あなたが納得ができるかを考える
③結婚後、自分に強要することがないかを確認して納得できるかを考える

まとめ


男性心理が分かる婚活カウンセラー山田翼

成婚退会後から入籍、結婚生活のスタートまでは男性にとっては本当に根気のいる事柄が多いです。
あなたと結婚できる喜びを噛み締めて、あなたに寄り添って、あなたが安心して、結婚生活を過ごせるイメージが持てる男性であるかが一番大事です。


弊社では、このようなことにならないためにお相手男性の言動をしっかり把握し、コミュニケーション方法をお伝えすることにより、成婚退会後も豊富な経験を元に入籍まで見守るサービスも承っております。